バイクの歴史

バイクの歴史

バイクについて良く知るために、その原始に遡ってみよう!いつから始まった?バイクの歴史をわかりやすく簡潔に紐解いて行きましょう。

バイクの歴史

バイクの原型はフランスのペローがウィーンの万国博覧会に出品したものとされています。しかしこれは蒸気機関をエンジンとしたものでした。現在のバイクの内燃機関エンジンが搭載しているという部分ではその後、開発されたダイムラー社のハーレーとダビッドソンが製造したものとなってくるのです。

 

当時、主流であった馬車に変わってバイクは世の中にどんどん浸透していくこととなります。日本においては島津楢蔵が1909年に製造したNS号というバイクが最古の国産バイクと言われています。

 

バイク産業はその後、研究や製造技術は進んでいったものの戦争の影響や世界の不景気などもあいまって特筆した伸びを見せるようなことはありませんでした。日本において本格的にバイクが導入されていくのは第二次世界大戦後ということになるのです。

 

先頭を切ってバイクの製造に走ったのは戦争中には軍事部門で軍事産業を手がけていた企業です。その後、ホンダやトーハツ、丸正自動車製造などが台頭してきたのです。1950年代には世の中にバイクを浸透させるためにレースを行う行事が活発となります。

 

このあたりの時期を契機として企業は統廃合なども進み、現在のバイクメーカーであるホンダをはじめとしたヤマハなどが大ヒットブランドを生産することに成功し、バイクは自動車と同様に一つの時代を形成するまでに大きな産業となっていったのです。今ではバイクは日本製品の中でも世界において特に優れていると認められる日本を代表する製造業となったのです。

関連ページ

世界のバイク事情
世界ではバイクを取り巻く環境はどうなっていっている?世界のバイク事情についてわかりやすく解説しています。
中古バイクの現状
中古のバイクをとりまく環境についてみていこう!昨今の中古バイク事情についてわかりやすく解説していきます。
中古バイクのメリット
新車で手に入れるバイクに比べて中古ってどうなの?ここでは中古バイクのメリットについてわかりやすく解説していきます。
中古バイクのデメリット
中古バイクはやっぱり問題がある?ここでは新車でなく中古バイクにはどんなメリットがあるのか、わかりやすく解説していきます。
バイクの免許について
モーター付きに乗り物を乗るには絶対に取得しなくてはならないもの…ここでは、バイクの免許について解説していきます。

▲TOP