中古バイクの現状

中古バイクの現状

中古のバイクをとりまく環境についてみていこう!昨今の中古バイク事情についてわかりやすく解説していきます。

中古バイクの現状

バイクの業界自体はあまり明るい話はないようです。リーマンショックが起こる以前においては、新興国の需要も高まりもあり、日本のバイクメーカーも海外に活路を見い出すことができたようです。

 

ところがリーマンショック後は世界的な景気の悪化もあり新興国でも苦戦しているというのが近年のバイク業界の現状です。日本においてはリーマンショック以前から販売台数は落ち込み、売れないという状況が長期にわたって続いているようです。

 

そのため廃業したり店頭よりもネットに力を入れるバイク販売業者も増えてきているといいます。では、中古バイクの現状はどうなっているのでしょうか。考えなくても想像はできます。

 

新車のバイクが売れていないのですから中古バイクも売れているはずがありません。そのうえ、新車が売れていないと言うことは中古バイクの元であるものがないということに等しいわけです。

 

そのため、最近の中古バイクは年式の新しい中古バイクを探すのは難しいと言われています。自動車では大幅に値段が下がってしまうような10年落ちのバイクが平気で、それもそれなりの高値で販売されているといいます。

 

それほどに最近の中古バイクは少ないようなのです。これではバイクに興味を持った若者が離れていくのも無理はないのかもしれません。バイク業界も原付は堅調な動きを見せているようですが、それ以上のクラス、車検が不要な250CCクラスのバイクに力を入れだしているようですのでこれからは販売も増加し中古バイクも在庫が増えてくるかもしれません。

関連ページ

バイクの歴史
バイクについて良く知るために、その原始に遡ってみよう!いつから始まった?バイクの歴史をわかりやすく簡潔に紐解いて行きましょう。
世界のバイク事情
世界ではバイクを取り巻く環境はどうなっていっている?世界のバイク事情についてわかりやすく解説しています。
中古バイクのメリット
新車で手に入れるバイクに比べて中古ってどうなの?ここでは中古バイクのメリットについてわかりやすく解説していきます。
中古バイクのデメリット
中古バイクはやっぱり問題がある?ここでは新車でなく中古バイクにはどんなメリットがあるのか、わかりやすく解説していきます。
バイクの免許について
モーター付きに乗り物を乗るには絶対に取得しなくてはならないもの…ここでは、バイクの免許について解説していきます。

▲TOP