中古バイクの輸出

中古バイクの輸出

中古バイクは国内で取引されるだけじゃありません。中古バイクの輸出事情について解説しています。

中古バイクの輸出

日本から中古バイクが輸出されるということはごく一般的に行われています。対象国によっては中古バイクの輸入を認めていない国もあり解体してパーツとして輸出し現地で組み立てるといったことも行われているようです。

 

中古バイクに限ったことではありませんが輸出入に関しては為替が大きく影響します。つまり円高や円安が取引に大きく影響すると言うことなのです。今現在は円安にかなり動いていますので中古バイクの輸出に関しても大きく影響をもたらしているということは言えるでしょう。

 

日本の中古バイクは世界中で大人気です。そのため中古バイクを輸出する業者も場面によっては大きく儲けることができる場面もあるようです。何しろ輸出を待っている国はたくさんあるのですから。

 

では、なぜ、日本の中古バイクが輸出の際に人気があるのでしょうか。もちろん、もともと日本のバイクの性能の高さや世界的なシェアのかなりの部分を日本のバイクが占めているということも要因としては挙げられるというのは間違いがありません。

 

そのうえ日本の中古バイクは中古でありながら状態も非常によく故障することがないためとも言われます。この理由は日本に車検制度がありかなり厳格に守られているという部分が大きいようです。

 

車検があるので整備が行き届いているという点、車検のタイミングで新車バイクの購入を検討し中古バイクを手放すと言うタイミングがあるという点、日本の道路事情から走行距離が少ない中古バイクが多いといった点が海外から日本の中古バイクが支持をされる要因なのです。

関連ページ

新車バイクと中古バイク
バイクは新車と中古、どっちにすればいい?新車バイクと中古バイクのそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説しています。
世界で活躍する日本の中古バイク
メイドインジャパンはバイクも世界では魅力がある?ここでは世界で活躍する日本の中古バイクについて解説しています。
中古バイクのトラブル
中古バイクは新車に比べて遥かに当たりハズレがありそうだけど、そのあたりはどうなの?ここでは中古バイクにまとうトラブルについてわかりやすく解説しています。
安心できる中古バイクとは
中古バイクを購入したいけど、やっぱり後悔しない良い中古バイクが欲しいに決まっていますよね?安心できる中古バイクとはどんなものなのか?どうやって見分ければよいのかについてわかりやすく解説しています。
レンタルバイクについて
バイクはたまに使うくらいだったら購入しないで乗る選択肢も!ここではレンタルバイクについて解説しています。

▲TOP