中古バイク購入から納車まで

中古バイク購入から納車まで

中古バイクを手に入れるときにはどんなプロセスで進んでいくの?ここでは中古バイクの購入から納車までの流れについて解説しています。

中古バイク購入から納車まで

中古バイクを販売店で購入した後はそういった流れで納車となるのでしょうか。購入者からみると購入後は納車までは連絡を待つのみとなっているのですが、販売店側では一般的に納品までの経緯は以下のような流れとなっているようです。

 

バイクの購入時には前もって現金やカードなどで決済が行われます。この時点で納車へ向けての手続きが進んでいくというわけです。代金決済が完了したらすぐにメンテナンスに入ります。ブレークやハンドル、バッテリーにタイヤなどを中心に点検、交換が必要なものは交換をしていくという具合です。

 

251CC以上のバイクに関しては車検も必要に何ってくるためこの時点で車検を受ける手続きにも入るという段取りとなります。メンテナンスなどが終了すると走行テストを行い、各種手続きに入ります。

 

走行テストなどで何かしらの異常が見つればその分は補修するなり交換するといった行程となります。これら一連の流れがすべて終了して納車の運びとなっていくのです。なお、中古バイクの購入時は車両費用の他に自賠責保険への加入などの諸手続きの費用が発生します。

 

車両費用イコールバイク取得費用ではないので注意が必要です。また、中古バイクでは新車とは違い引き渡し方法が色々と変わってきます。しっかりとメンテナンスをされて保証つきという場合もあれば現況渡しといった場合もあります。購入後の保証がらみのこともあるので予め販売店と確認を取っておきましょう。

関連ページ

中古バイクの保証
中古バイクは古いだけに、購入してから故障しないか心配…大丈夫?ここでは中古バイクの保証について解説しています。
中古バイクのローン
手持ち金があまりなくても、少しづつなら払えるこの方法があります。中古バイクのローンについてわかりやすく解説しています。
中古バイクの保険
中古バイクも購入する際には本体価格だけでなくいろいろな支出があります。ここでは中古バイクの保険についてわかりやすく解説しています。
中古バイクを廃車する
中古バイクは古くなってもうそろそろだめかな…さてどう処分する?ここでは中古バイクの廃車についてわかりやすく解説しています。
中古バイクと走行距離
中古バイクは購入する際には、そのバイクがそれまでどれくらい走っていたのかって気になりますよね?中古バイクと走行距離について解説しています。

▲TOP