中古バイクの保険

中古バイクの保険

中古バイクも購入する際には本体価格だけでなくいろいろな支出があります。ここでは中古バイクの保険についてわかりやすく解説しています。

中古バイクの保険

中古のバイクを購入しても車両価格以外にも色々とお金がかかってしまい予算を超えてしまったというような話はよく耳にする話です。その中の一つの項目として保険があろうかと思います。

 

もちろん、いざというときのために必要なもので強制保険には必然的に加入しなくてはいけないことになっています。強制保険、つまり自賠責保険の内容は決まっています。傷害は最高で120万円まで、後遺障害で最高4,000万円まで、死亡時には最高で3,000万円までとなっています。

 

これだけ入っていれば安心と果たして言えるでしょうか。実際のところ、自動車の任意保険加入率とバイクの任意保険加入率は倍ほどの開きがあるといいます。自動車は当たり前のように任意保険に加入している人が多いけれども、バイクは加入していない人が多いということなのです。

 

万が一のときに自分が起こした事故で自分だけが怪我をしたりしたということなら、自賠責保険だけで十分でないとしても自分で納得するしか仕方がありません。しかし、もし事故の際に相手がいたら、そして多額の保障を行わないといけなくなってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

 

そんなことを考えてみるとやはり、いくら中古バイクだとしっても任意保険にも加入をしたほうが良いということになるのです。車両保険までは必要がなかったとしても特に対人保障くらいには入っておくべきでしょう。事故の時にはバイクが新車か中古かも関係ありません。万が一の備えはどんなときにでも考えておくべきなのです。

関連ページ

中古バイクの保証
中古バイクは古いだけに、購入してから故障しないか心配…大丈夫?ここでは中古バイクの保証について解説しています。
中古バイク購入から納車まで
中古バイクを手に入れるときにはどんなプロセスで進んでいくの?ここでは中古バイクの購入から納車までの流れについて解説しています。
中古バイクのローン
手持ち金があまりなくても、少しづつなら払えるこの方法があります。中古バイクのローンについてわかりやすく解説しています。
中古バイクを廃車する
中古バイクは古くなってもうそろそろだめかな…さてどう処分する?ここでは中古バイクの廃車についてわかりやすく解説しています。
中古バイクと走行距離
中古バイクは購入する際には、そのバイクがそれまでどれくらい走っていたのかって気になりますよね?中古バイクと走行距離について解説しています。

▲TOP