中古バイクにかかる諸費用

中古バイクにかかる諸費用

中古バイクでは購入したり、保有したりでどんな費用がかかるの?ここでは中古バイクにかかる諸費用についてわかりやすく解説しています。

中古バイクにかかる諸費用

中古バイクを購入するときはある程度購入予算を決めて販売店に行って決めるというパターンが一般的でしょう。しかし、中古バイクを購入する際には中古自動車にも同じことが言えるのですが、ただ単に購入したいバイクの代金だけを用意しておけばよいというものではありません。

 

購入代金の他に色々と経費がかかってくるのだということを頭に入れて予算も準備しておかなくてはいけないのです。中古バイクの購入時にかかってくる諸経費には以下のようなものがあります。

 

まずは登録費用です。登録などの諸手続きを販売店に代行して頼む場合に発生します。同じく販売点に支払う費用として整備手数料があります。こちらは中古バイクをちゃんと公道を走れるように整備してくれる工賃となります。

 

また、下取りや納車を販売店にお願いするときには別途費用が発生します。保険にも入らなくてはいけません。自賠責保険の費用です。こちらは排気量が大きいほど金額も高くなっていきます。

 

税金関連では消費税はもちろん車体料金にかけられて発生しますが、重量税が発生する場合があります。251CC以上の排気量のバイクに関しては重量税が必要となり毎回の車検ごとに重量税はかかってくることになります。

 

250CC以下の中古バイクに関しては重量税はかかりません。このように中古バイクを購入する場合には車両本体の価格以外にも結構な費用がかかってくるということを理解しておかないと、いざ購入となったときに予算オーバーとなってしまう可能性も有るのです。

 

関連ページ

中古バイクの選び方
中古バイクを購入してから後悔しないためにしっておこう!失敗しない、中古バイクの選び方のポイントを解説しています。
中古バイク購入時に注意すること
中古バイクは手に入れるときにはこんなところに注意!中古バイク購入時に注意すべきことについてわかりやすく解説しています。
中古バイクの登録
中古バイクは買って終わりではないんです。中古バイクを取得したら必ず必要な登録についてわかりやすく解説しています。
中古バイクの値下げ交渉
中古バイクを出来る限り安く手に入れるためにはこの視点が欲しい!中古バイクの値下げ交渉について解説しています。
中古バイクの通販サイトについて
中古バイクを購入するときもやっぱりネットを活用するととっても便利!ここでは中古バイクの通販サイトについて解説しています。

▲TOP