中古バイク個人売買

中古バイク個人売買

中古バイクを個人でやり取りするには、どうすればいい?中古バイクの個人売買事情についてわかりやすく解説しています。

中古バイク個人売買

中古バイクに限ったことではないのですが、個人売買を行うということはトラブルが付き物のようです。自分の中古バイクを個人売買で、それもまったくの見ず知らずの人と行う場合はある程度のリスクも覚悟の上で行わないといけません。

 

そうでなければ頭から中古バイクの個人売買はやめておいたほうが無難かもしれません。中古バイクの個人売買は確かにメリットもあります。買取業者などを通さないため途中のマージンなどが削減できるため売主は思ったよりも高く売ることが、買主は思ったよりも安く手に入れることができる可能性が高いからです。

 

ただ、バイクを相手側に送ると言う行為をするわけですから手間もかかりますし運賃もかかるということをよく理解したうえで取引をしなくてはいけません。意外と手間がかかると言うことです。そのうえで、トラブルが起こる可能性があります。

 

中古バイクの個人売買で起こるトラブルの主なものは金銭的なものがまず上げられます。バイクを送ったけれどもお金が入金されてこないといったものです。中古バイク自体がクレームになることもあるようです。

 

バイクを送ったあとに欠陥が見つかったとか、事前に聞いていない欠陥があったといったようなものです。また、名義変更のトラブルもあります。名義変更がされていなくて売った後なのに売主に税金の請求などが来るといったものです。

 

このように色々なトラブルが考えられますので個人売買は注意が必要です。いざ、トラブルになってしまうと解決するのも難しくなってしまいます。

関連ページ

中古バイクを買い換えるポイント
中古バイクを買い換えるときにはここを気をつけたい!中古バイクを買い換えるときにはぜせないポイントについて解説しています。
中古バイクを買い換えるタイミング
中古バイクはいつ買い替えたらいいの?中古バイクを買い換えるときに良いおすすめのタイミングを解説しています。
中古バイクの買取相場
中古バイクはどれくらいで手に入るの?中古バイクの買取相場がどうなっているのか、その事情をわかりやすく解説しています。
中古バイクのオークション
うまくやると本当に安価で手に入る場合もあるとっておきの方法がこれ!中古バイクのオークションについて解説しています。
中古バイクの査定について
中古バイクはどうやって価格が算出される?中古バイク査定についてわかりやすく解説しています。

▲TOP